lgi01a201407172100

デザインをしていると A4サイズとか B4サイズとか… いろんなサイズのものを作りますけど

そもそも なんでAとかBとかって あるんだろ?

気になったので 調べてみました。

A判というのは、19世紀末ドイツの物理学者オズワルドによって提案されたドイツの規格で、

面積が1平方メートルの「ルート長方形」をA0としたそうです。現在では国際規格サイズ。

比べて B判というのは、日本の美濃紙をもとに面積が1.5平方メートルの「ルート長方形」をB0とした国内規格サイズとのことです。

※「ルート長方形」とは、縦横比率が「白銀比」と呼ばれる「縦:横=1:√2」となっていて、どこまで半分にしても同じ形、相似形の長方形のことです。

なるほど〜 知らなかった〜

012

イラストやキャラクター制作も承っております!